養育費の請求



養育費の金額が決定したら

 

 

 

例えば、「子供が二人いるので、毎月10万円の養育費が欲しい」と言っている片方に対して、相手が「毎月、5万円しか払わない」と言っていたら、それは審判でなければ、結果が出ませんよね。
裁判所では、妥当な金額を決定してくれます。
相場は、一人当たり毎月5万前後と言ったところでしょう。

 

 

そして、養育費の金額が決定したらのなら、離婚協議書などで、必ず書面に残しておきましょう。
現在においても、大きな社会的問題にもなっていますが、一度、決めた養育費であっても、その後は、うやむやにされやすいのです。
ご存知ない方も多いと思いますが、養育費を平気で未払いにする親が続出している事実があります。
このため、協議で決められたという証拠が必要になってくるのです。

 

 

自分の子供のためにお金を払うことを拒否したり、うやむやにする親が増えたりしているとは、とても悲しいことですよね。
いくら、養育費と言え、考えてみれば、別れた相手にお金を払っているという感覚が、きっと納得できないのでしょう。
ですが、支払ったお金は子供のために使われるものなのですから、そこをちゃんと覚えておいて欲しいものです。

 

 

さて、養育費は離婚した人だけがもらえるというものではありません。
中には、未婚のままで養育費を請求する方もいらっしゃいます。
これは、未婚のまま、出産したケースにおいて行われる請求です。
出産後は、子供の父親である男性に養育費を払ってもらいたい場合、未婚のまま請求をします。