養育費の請求



離婚と養育費

 

 

 

みなさんは、養育費について考えたことはありますか?
例えば、離婚を考える際は、その後の養育費についても考えると思います。
長い夫婦生活を続けていれば、一度や二度、離婚を真剣に考えたことがある方も多いと思うのです。、

 

 

さて、離婚をする際、お子さんがいらっしゃるご家庭でしたら、養育費についての話し合いは必須になります。
どちらが育てるか、親権の話ももちろん行われるでしょうが、それに付随して、養育費の金額なども決められると思います。

 

 

離婚する人の中には「養育費はいらない」とか、親権を持っている方が、受け取りを放棄するケースもあります。
これは、「離婚する相手と縁を切りたい」とか、「これ以上、かかわりを持ちたくない」とか、「自分に子供を育てていける十分な収入がある」とか、その理由は様々でしょう。
私などは、もらえるお金はもらったほうが良いと思うのですが、「こんなに憎んでいる相手と将来、関わりを持ちたくない」とか、それに関して考え方は人それぞれですよね。

 

 

さて、離婚が決まった場合、大抵のケースは親権を持って、子供を引き続き育てて行くほうが、養育費をもらうことが多いです。
十分な収入があり、生活に困らずに子供を育てられる人でしたら、養育費など不要なのでしょうが、たいていは子供を育てるほうがもらうわけです。
毎月、いくら支払うなど、話し合いによって、養育費の額が決まることが多いですが、それでも、話し合いがこじれた場合は審判で決定します。